事前に準備する物について

事前に準備する物

もしもの時に備え、持ち物など、何を準備すればよいですか?

火葬の手続きをする際、故人と申請者の「現住所と世帯主」「本籍地と戸籍筆頭者」を記入して、申請をしますので、明確にして下さい。あと、認印(三文判)、お時間にゆとりがあるのであれば、遺影写真の候補を3枚ほどご用意下さい。

もしもの時に準備するもの

故人の搬送先を自宅にするか、安置施設を利用するか決めてないのですが?

もしもの時を迎えた時、意外と慌ててしまいますので、決めておいた方がよろしいと思います。

亡くなったら、最初にどうすればよいですか?

まずは、慌てずに、弊社にご連絡下さい。順番に簡潔にご説明致します。ご親戚に連絡する場合、葬儀の日時を決めてから、連絡された方がよい場合もあります。

葬儀の見積りは事前にした方がよいですか?

お時間にゆとりがある場合、お見積りは事前にされた方が、よいです。どんなに、事前に準備をしても、どうしても慌ててしまいます。少しでも心の負担を軽減する為にも、葬儀に掛かる費用を、事前に把握して下さい。

家族葬 一日葬
直葬 自宅葬

0120-09-0983

© 2020 株式会社あさひ葬祭