福祉葬 生活保護葬について

生活保護葬儀について

生活保護受給の方がお亡くなりになった場合の葬儀も承ります。
福祉葬,生活保護葬を熟知したスタッフが対応いたします。

生活保護葬の実績があります

生活保護対象者と、親族が疎遠になり、遠方の方でもご安心下さい。
土地勘があまりなく、「もしもの時、故人を何処で安置すればよいのかわからない」と思う方や、「何処に申請 すればよいのかわからない」、「直葬費用はどれくらいかかるのか?」など様々な疑問点などすべて解決致します。様々なケースが想定されますので、弊社に御一報頂ければ、もしもの時から葬儀終了までを完全サポート致します。

生活保護葬とは?

生活保護法における第18条[葬祭扶助]で葬儀を行う場合、一般的な御通夜と告別式と2日間にわけて行うものとは違い、火葬だけの葬儀(直葬)を行う事を意味します。

福祉葬、生活保護葬の費用項目

検案病院等が発行する死亡診断書や死体検案書の費用

死体の運搬
死亡場所から安置場までの搬送や安置場から火葬場までの霊柩車

火葬又は埋葬
葬儀の場合、火葬料についての費用です

納骨その他葬祭のために必要なもの
棺、棺用布団、骨壷、御遺体保存品(ドライアイスなど)、御遺体保管料

弊社の地域では、原則として「世帯で生活保護を受けている方」、「身寄りのない方が生活保護をうけている場合」が[葬祭扶助]の対象になりそれ以外のケースは、親族の自己負担になります。

福祉葬、生活保護葬の流れ

安置施設

臨終

病院や施設でお亡くなりになった場合、故人様を移動しなければなりません。病院によっては、早めに移動をせまられる場合があります。
※病院や施設のお迎えはあさひ葬祭が伺います。

警察署

※自宅で亡くなった場合

警察が介入し、事件性、死因などを調べ、検死を行います。その為、日数が掛かる場合がございます。

安置施設

ご遺体安置

もしもの時、臨終から24時間経過しないと火葬が出来ないという、規則が御座います。
その為、自宅あるいは、安置の出来る施設に火葬日までは安置しなくてはいけません。

安置施設

火葬手続き

原則、故人様に親族がいる場合、その方が葬祭費を支払わなければなりません。生活保護法の葬祭扶助は、世帯で保護を受けている場合のみに、適応されます。

安置施設

火葬日

火葬場に到着後(または集合)、最後に御焼香、ご面会を行い火葬を行います。約40分〜1時間30分の火葬時間になりますので、待合室でお待ち頂きます。

打合せ

お骨上げ

火葬終了後、遺骨を骨壺に納めます。最後に火葬場の火夫、または職員から頂く書類「埋葬許可証」を頂きます。再発行出来ませんので、骨壷と一緒に、桐箱にお入れいたします。

福祉葬,生活保護葬のまとめ

あさひ葬祭の福祉葬費用

あさひ葬祭では、葬祭扶助が適用されない場合、直葬費用を減免致します。下記の備品、保管安置料2日間を含め123,926円(税込)でご案内致します。

  
寝台車 寝台車 棺用布団 棺用布団
ドライアイス ドライアイス火葬手続き 火葬手続き
お棺 お棺 寝台車 霊柩車
骨壺 骨壺 骨壺入れ 骨壺入れ
司会進行人件費 人件費

0120-09-0983

© 2020 株式会社あさひ葬祭