互助会と一般葬儀社の違い

家族葬について

互助会とは、葬儀だけでなく結婚式などの冠婚葬祭に備えて会費を積み立てていく、一種の会員制サービスです。ここでは、葬儀についてご説明していこうと思います。

互助会の制度

一定期間にわたって毎月数千円を積み立てておくことで、会員価格で葬儀や法要、結婚式などを行うことができるシステムになっています。
平均的な積立金プランは、たとえば毎月3,000円を80回にわたって積み立てるというもの。この場合、単純計算では24万円が蓄えられることになりますが、これだけで葬儀費用のすべてを賄えるわけではありません。
積立金は葬儀費用の一部分であり、「会員価格で祭壇を借りられる」という利点はあるものの、実際には葬儀にかかる費用を他に支払う必要があります。 ここで落とし穴ですが、祭壇の料金など、一般消費者が知っている方などほとんどいません。「祭壇料金が80万円を会員の方は30万円値引きます」など、理解できない落とし穴がある事を理解してください。
※互助会は、あくまでも一般企業と同じ営利企業です。

互助会と一般葬儀社との違い

一般葬儀社とは、少数精鋭で地域に特化している葬儀社が多く、その地域の風習や、習慣などを熟知している専門葬儀社です。互助会とは、経済産業大臣の許可を受け、会員から毎月一定金額を徴収し、会員が結婚式やお葬式をあげる場合には積立金を利用するしくみです。よく聞く失敗例というのが「私は互助会にはいっているから葬儀は安心です」と思われている方です。残念ながらこの方は、業者選択の枠を1社に搾ってしまいました。互助会の積み立てだけで葬儀を済ませる事が出来るのであれば、その他の葬儀社は必要ないと思いませんか?互助会での葬儀サービス内容は、他の葬儀社でも同じように、取り扱っている業者も御座います。さらに付け加えると、積み立てしたお金は、別に金利がついてお金が増えるという事ではないので、もし将来的に葬儀費用で積立するのであれば、いくら低金利の時代でも、金融機関等に預けた方が、金利もついてお得なのではないでしょうか?

互助会トラブルに注意

互助会は勧誘側と葬儀を行う会社のトラブルが結構な事例でございます。よくあるのは「葬儀費用が異常に高額だった」「積立金で葬儀を全部賄えると思っていたら、莫大な追加料金を請求された」というケースです。積立金はあくまでも葬儀費用の一部をカバーするだけなので、葬儀費用全体でいくらかかるのか、必ず事前に見積もりを依頼することが大切です。 万人にとってお得なサービスというわけではありません。葬儀の内容によってはかえってムダになってしまうと感じられることもあり得ます。

トラブルになりそうなときは

たとえば「互助会を解約したいのに、なかなか解約させてくれない」といったケースも見受けられます。そのような場合は、自分だけで解決しようとせず、地域の消費生活センターなどに相談しましょう。

地域から選ぶ

皆様のお住まいの地域で、安心して家族葬が出来る葬儀場をご案内しております。

東京都にお住まい 千葉県にお住まいの方
埼玉県にお住まいの方 茨城県にお住まいの方

送り方から選ぶ

家族葬 一日葬
直葬 自宅葬

0120-09-0983

© 2020 株式会社あさひ葬祭