1. >
  2. >

葬儀の新潮流

故人と過ごした自宅葬の増加
家族葬の定義 自宅で家族葬
近年では、真摯に故人との関係や「しあわせな空間の記憶」を素朴に希望する傾向が増えてまいりました。また、家族葬=少人数の葬儀が普及している現在、何もその為に、だだっ広い葬儀式場を利用する事はないと思い「自宅で出来るなら、自宅で」とご相談も増えてまいりました。
自宅葬 新しい形の「自宅で家族葬」の行い方
通夜と葬式を同日に行う「1日葬」を行う方が最適です。部屋の広さは、6畳間があれば、じゅうぶんな葬儀が行えます。祭壇などは必要なく、遺影写真とお花を飾り御焼香道具を設置すればOKです。葬儀費用も安価ですし、従来通りに、僧侶呼ぶ葬儀でも、家族・親族だけの密葬を行っても大丈夫です。
自宅で家族葬の今後とまとめ 家族葬をご希望される方はあさひ葬祭へ
資料請求

ご葬儀プラン

家族葬プラン お花の一日葬 直葬プラン 自宅葬