1. >
  2. >

一日葬の流れ

お亡くなりになり、ご自宅または、安置施設で故人をお守りし、お通夜を行わず、告別式だけで葬儀を行う葬儀です。シンプルな祭壇を設け、お坊さんを呼び、お経を上げてもらう形式や、火葬だけの形式も一日葬と言えます。近年増加中の葬儀形態です。

もしもの時 もしもの時を迎えたら

1、もしもの時

あさひ葬祭にご連絡下さい。
24時間365日受付、最短30分のお迎え対応しておりますので、御安心下さい。
※ご注意ください※
病院指定の業者に搬送を依頼しなくても大丈夫です。ご自身でお決めになった葬儀社に搬送から依頼する事が料金面でのトラブルがありません。

搬送・安置 霊柩寝台車

2、搬送先の決定

直葬のイメージとして「病院から直接火葬」と思っている方が多いかと思いますが、そうでは御座いません。臨終から24時間経過しないと火葬が出来ないという、規則が御座います。
その為、自宅あるいは、安置の出来る火葬場、斎場などに最低1日は安置しなくてはいけません。
故人様を安置の出来る場所を考える事も重要です。

日程打合せ 打ち合わせ

3、一日葬日程と費用の算出

火葬場の利用状況や、友引(火葬場休業が9割)などを考慮しながら、日程を調整致します。
また、特定の菩提寺様などがありましたら、僧侶の都合等を聞く事も重要です。日程が決まりましたら、葬儀社と相談し、費用の提示や一日葬の流れの説明等を打ち合わせ致します。

親戚に連絡 連絡

4、一日葬に参列する人数の算出

参列される方の人数の算出を致します。故人と同居されている家族、故人の御兄弟に連絡し集合場所や、時間もお伝え下さい。
家族だけで葬儀を行う場合で、人数制限をする場合でも 「葬儀は近親者でおこないます」としっかりとお伝え下さい。

一日葬の前日 納棺・旅支度
葬儀社との打合せ

5、一日葬の前日に行うこと

納棺・旅支度

白装束旅支度をおこない、棺に納めます。参加されるかたは、家族数人だけでも構いません。この時に棺に一緒に入れてあげたい物(副葬品)も入れて差し上げて下さい。

 

葬儀社との最終確認

参加される人数など、最終確認をいたします。お時間がありましたら、葬儀場に来て頂き、祭壇等の確認をしていただきます。

 

一日葬の当日 葬儀・告別式
お別れ花入れ

6、一日葬の当日

葬儀・告別式(お坊さんにお経を読んでもらいます)

僧侶にお経をして頂き、参加されている皆様には、御焼香を行っていただきます。

 

お別れ花入れ

僧侶の読経がおわりましたら、皆様から頂いた御供花を使い、故人様の棺にお花をいれて頂きます。このときに、副葬品(火葬が出来るもの)を入れる事ができます。

出棺 霊柩車に棺を乗せる

7、出棺

故人様は霊柩車にて火葬場へと出発致します。

※火葬場併設の葬儀場を利用されている場合

館内専用の台車等で棺を運ぶ場合があります。

火葬 火葬場

8、火葬(荼毘)

火葬場に到着後(または集合)、最後に御焼香と、故人様のお顔を見ることができます。その後、火葬炉へと移動し、火葬(荼毘)を行います。

※約40分〜1時間30分の火葬時間です

火葬中 火葬中の会食

9、火葬中(荼毘中)

火葬から収骨までの時間(40分~1時間40分)かかりますその間、飲物や乾き物等でお時間を過ごします。
火葬場によっては、会食することが可能な所も御座います。また、火葬時間態が昼頃の場合、昼食をかねて会食を致します。

収骨 収骨室

10、ご収骨(お骨上げ)

火葬終了後、お骨上げを行います。
この際に、故人が愛用していた眼鏡(副葬品)として骨壷に入れる事が可能です。また、ご収骨後に火葬場の火夫、または職員から頂く書類「埋葬許可証」を頂きます。再発行出来ませんので、骨壷と一緒に、桐箱にお入れいたします。

散会    

あさひ葬祭の一日葬プランは選べる3タイプ。

資料請求

お葬式の基礎知識

おくりびと納棺 合同墓地のご案内