1. >
  2. >
  3. >
お客様へインタビュー

千葉県野田市にお住まいの奥田廣子様、ご長女の田中様。2016年5月、以前より心臓病を発症されていた夫、三郎様が急に容態が悪くなりご逝去されました。事前に「家族葬の相談室」でご相談を頂き、ご依頼いただきました。

「本当に頑固でしたが、娘や孫にはとてもやさしかった・・・」

普段はあまりしゃべらず、おとなしい人でした。我慢強く、でもとても頑固でした。
昔から心臓が弱かったんです。病院は自分で探し、一人で行っていました。調子いいのか悪いのか一切言わなかったから、わたしたちに弱いところは見せたくなかったのかもしれないです

でも、子供や孫にはやさしい夫で、長女が子供の頃、遅く帰っても起きて待っていてくれるのですが、けして怒ることはなかったです。また、孫が来るのが楽しみで、来る前に色々準備して、冷蔵庫の中にはアイスをいっぱい買って入れていました。
 

「葬儀の事は父が元気なうちに考えておこうと・・・」

孫がまだ小さい時に心筋梗塞になったのですが、入院して検査して、大丈夫ということで退院したので安心していたのですが、五年くらいまえから入退院を繰り返すようになりました。 ある時、病院の先生に「何があってもいいようにしておいてください」と言われました。

(ご長女様)母と二人で考えなければいけないと思い、亡くなってからだと頭が真っ白になってしまうかもしれないから葬儀を考えるようになりました。

 

「あのお墓に入れてあげたい・・・ご先祖さまと一緒に」

(ご長女様)以前に父の病院に行く途中に、何気なく立ちよった市外の葬儀社さんに相談して要望を伝えたら「東京のお寺はお布施が100万かかるし、近くのお参りしやすい霊園で、今はプレートの墓がいいですよ」と勧められました。そんな中、ふと思い出したのが、夏にお墓参りに連れて行ってあげたのですが、父はなかなかお墓から離れようとしなかったんです。何か感じていたのかもわからないですが・・・ほんとうにずっとお墓の前にいましたね・・・プレートのお墓もいいなと思ったのですが、その父の姿を思い出し、一晩考えて母に話したら、母も「先祖のお墓にいれてあげたいと思った」と同じことを考えていました。

 

地元の葬儀屋さんがいいかな・・・
とインターネットで調べて・・・

(ご長女様)東京のお寺はお布施が100万かかると言われ、なんとかいい方法はないかと考え、インターネットで探しました。あと、地元がいいかなと。それであさひ葬祭さんがみつかり、体験談も出ていたので、相談にのっていただけるかなと思いました。お墓のことも聞いていただけるかなと思いました。母に話して、その日のうちにあさひ葬祭さんの家族葬の相談室に行きました。

家族葬で好きなお花がいっぱいの祭壇が希望でした・・・

家族で静かに送ってあげたいと思いました。盛大なのはいらないと思っていました。

(ご長女様)仕事も引退していますし、野田に引っ越してまだ5年でしたし・・・だから、本当に親しい人と家族で、お花が好きでしたので、お花いっぱいの祭壇を作ってあげたいなと・・・。母に話したら、母も同じ考えでした。

実際的なアドバイスをもらえて・・・その日に決めました。

(ご長女様)お寺の相談もしてみました。そうしたら、「お寺に聞いてみましたか」と実際的なアドバイスをもらえました。相談をしていて私たちの想いを的確に捉えて頂き、二人で「ここでいいね」と帰りには決めていました。
実際にお寺に聞いたら、お寺の住職もやさしく「お気持ちでいいです」と言ってくださいました。そういったことはお寺には直接聞いていいのかわからなかったので、アドバイス頂いて安心しました。

事前に相談していたので流されずに済みました

(ご長女様)病院で亡くなったのですが、まず最初に困惑したのが、「○○という葬儀会社に連絡しましたから」と看護師さんからいわれ、びっくりしました。よく聞くと、病室から霊安室まで病院指定の葬儀社が移動をする事がその病院のやり方でした。

病院指定の葬儀屋さんに「もう決まっているので」と断ったのですが、「互助会は入ってますか?」、「搬送だけでもできます」と言われ、田中さんにどうしたらいいか聞いたら、「看護師さんの指示にしたがって、ただ待っていてください」との言葉でその通りに待っていました。もし、決めていなかったら、頭も真っ白になっているし、私だったら、流されていましたね。

父の縁の場所・お花・音楽・希望を全部聞いてくれて明るく笑って過ごせました。

(ご長女様)お通夜まで日にちがありました。母も最初はそんなに日にちがあくと疲れてしまってとても大変と思い、そのこともお伝えしたら、田中さんの「大丈夫です」の一言で安心できました。 田中さんが毎日ドライアイスを入れに来てくださってお話もできましたし、話をすることで明るくなれました。 田中さんとお話もできて不安もなくなりましたし、なにより、父も暗い顔をしているより、明るく笑っている方が喜んでくれるでしょうし。かえってすぐではなくてよかったです。

(お孫さん)おじいちゃんが心構えなく亡くなってしまって、すぐお通夜だと悲しかったけど、日にちがあったから、心の整理ができたからよかった。

(ご長女様)お通夜の日、父を搬送する斎場までの道のりを、父の思い出の場所で、ここを通ってほしいという希望や、祭壇にはこの花を使いたい、とか、この曲を流してほしい、とかわたしたちの希望を中心に考えてくださったのが本当にうれしかったです。

 

数よりも、いいお花があったから寂しくなかった

欲を言えばですけど、供花がもうすこしあればよかったかなと思った。でもあれで十分だった。 (ご長女様)菊が並んでいるだけだったらそう思ったかもしれないけど、カサブランカがたくさんあったからあれでよかった。カサブランカがとにかくきれいでした。あんなに見ることないですし・・・

ご要望を伺った奥田様だけの生花祭壇

 

ある程度考えていた方がいいと思いました

最初に行った葬儀社がわたしたちと考えが合わなくて、でも二件目に行ったあさひ葬祭さんが自分たちの考えと合う葬儀屋さんだったのでよかった。妥協せずに、自分に合うところは必ずあるとおもうので、あきらめずにみつけるといいと思います。また、病院での事もあったので、ある程度決めていたほうが流されずに済むと思いました。

 

最初から必要でない物は見積もりに入っていませんでした。

予算的にとても安かったとお伝えしたいです。

(ご長女様)最初の葬儀社さんでも見積はとったんですが、必要じゃない物も入っていました。こういう時に使うんですよ、という説明はありましたけど。あさひ葬祭さんの見積もりは最初から必要でない物は入っていなかったです。 兄弟たちにもどれくらいかかったのか話したのですが、「家族葬だしこれで十分だね」と言っていました。

(ご長女様)大きい葬儀、小さい葬儀、家族葬などいろいろあると思うけど、自分たちに合う葬儀屋さんに出会えてよかった。故人がこうしてほしいというのもあると思いますが、うちは、わたしたちがこうしてあげたいという希望があったので、家族の気持ちでいろいろ相談にのってくれるので、終わったあとも、よかったという気持ちになれ、後悔なく見送ることできました。

 

兄弟・親戚みんなとリラックスして話せた・・・

全員来ることはできませんでしたが、リラックスして話せたのが本当によかったです。 たくさん人がくるとゆっくり話ができないし、話せない人もできるから。

奥田様、田中様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。 2016年5月

資料請求

選ばれる理由

お客様の生の声

野田市の家族葬プラン

個性的な家族葬 安価な家族葬 1日葬 直葬・火葬式 あさひ葬祭の花祭壇