1. >
  2. >

互助会と一般葬儀社の違い

互助会と一般葬儀社の価格帯

一般葬儀社とは、少数精鋭で地域に特化している葬儀社が多く、その地域の風習や、習慣などを熟知している専門葬儀社です。互助会とは、経済産業大臣の許可を受け、会員から毎月一定金額を徴収し、会員が結婚式やお葬式をあげる場合には積立金を利用するしくみです。よく聞く失敗例というのが「私は互助会にはいっているから葬儀は安心です」と思われている方です。残念ながらこの方は、業者選択の枠を1社に搾ってしまいました。互助会の積み立てだけで葬儀を済ませる事が出来るのであれば、その他の葬儀社は必要ないと思いませんか?互助会での葬儀サービス内容は、他の葬儀社でも同じように、取り扱っている業者も御座います。さらに付け加えると、積み立てしたお金は、別に金利がついてお金が増えるという事ではないので、もし将来的に葬儀費用で積立するのであれば、いくら低金利の時代でも、金融機関等に預けた方が、金利もついてお得なのではないでしょうか?

資料請求

お葬式の基礎知識