1. >
  2. >

自宅に安置出来ない方

ご葬儀がはじまるまでの期間、故人様をご自宅で寝かせる事、あるいは、自宅以外のお守り施設で寝かせる事を安置といいます

自宅に帰る事が一般的です

病院や、老人ホームなどで最後を迎えた時、葬儀社が所有する寝台車に乗せて、自宅にお連れする事が一般的です。自宅に安置する場合、和室でも洋室でも結構です。お布団を1枚敷く場所があれば可能です。また、故人様が使っていた部屋が2階の場合でも大丈夫です。マンションやアパートにお住いの方でも、連れて帰りたい方も大丈夫です。思い出の詰まった自宅に「安置」する事が一般的な方法です。

こんな方が、安置施設を利用されています。1、アパートやマンションにお住いの方。2、施設に住所を移し、自宅がなくなった方。3、葬儀日まで、数日かかる為。4、御遺体のケアが必要な為

安置施設を利用する理由

自宅に帰る事が一般的ですが、様々な理由から安置施設を利用する場合がございます。例えば、マンションやアパートにお住いの方で、自宅に運ぶ事が非常に困難な場所や、自宅を処分して、老人ホームなどの施設に住所を移動してしまった方、火葬場が混んでおり、火葬日まで日数があり、自宅におけない場合や、事故などでお亡くなりになった場合で、ご遺体のケアが必要な場合などで安置施設を利用されております。近年では、「近所に知られたくないから」とのおもいで、安置施設を利用される方が増えております。

あさひ葬祭では24時間365日安置施設利用が可能です

あさひ葬祭の安置施設は、24時間365日、お預かり可能な施設になっております。もしもの時は安心してご利用ください。温度と衛生管理をしっかりと行っている施設になっております。

施設 ご面会室温度衛生管理室
利用料金 1日10,800円(生活保護受給者は減免あり)
受入可能時間 24時間365日
故人様との面会時間 13:00〜17:00
※事前の予約が必要です
備考

衛生面と、温度管理をしている専門施設になります。

ご葬儀まで、安心して保管する事が可能です。

問合せ先

株式会社 あさひ葬祭

電話:0120-09-0983

千葉県野田市、流山市で家族葬ならあさひ葬祭
資料請求

ご葬儀プラン

家族葬プラン お花の一日葬 直葬プラン 自宅葬 あさひ葬祭の花祭壇 おくりびと納棺